山中元稀容疑者、彼女の立花花華さん(18)の全身を殴って死亡させる「1時間くらい殴り続けた」

山中元稀容疑者、彼女の立花花華さん(18)の全身を殴って死亡させる「1時間くらい殴り続けた」

9日、大阪府泉佐野市で18歳の女性が死亡し、交際相手の男が逮捕された事件で、男が「女性を1時間くらい殴り続けた」と供述していることが分かりました。

 自営業の山中元稀(げんき)容疑者(22)は、泉佐野市の自宅のアパートで交際相手の立花花華さんを殴るなどした疑いで逮捕され、立花さんが死亡していたことから、容疑を殺人に切り替えられ、11日朝、送検されました。

 その後の捜査関係者への取材で、山中容疑者が「口論になり、立花さんが刃物を持ち出したので止めようとして、10発から20発くらい殴った」と話している一方で、「1時間くらい殴り続けた」とも供述していることがわかりました。

 司法解剖の結果、立花さんの死因は出血性ショックで、全身に打撲の痕があったということで、警察は山中容疑者が執ように暴行したとみて、詳しく調べています。
https://news.yahoo.co.jp/articles/813bbd69437d9003a79cbc483ec7cc87dff42057

みんなの声

おすすめの記事